16:03 2017年09月21日
東京+ 28°C
モスクワ+ 11°C
    パメラ・アンダーソンさん ロシアのヒョウの保護者となる

    パメラ・アンダーソンさん ロシアのヒョウの保護者となる(動画)

    © Sputnik/ Alexey Druzhin
    社会
    短縮 URL
    133751

    米国の女優でIFAW(国際動物福祉基金)のメンバーでもあるパメラ・アンダーソンさんが、4歳のアムールヒョウの保護者となった。アンダーソンさんは、自分の名前をとって、4歳のアムールヒョウを「パメラ」と名付けた。

    ロシア大統領府のイワノフ長官は7日、クレムリンでアンダーソンさんと面会し、アムールヒョウ1頭の保護者であることを記した証明書を手渡した。なおアンダーソンさんが保護することになったアムールヒョウは以前、ロシアの専門家たちから「Leo-38F」というコードが与えられていた。

    アンダーソンさんは、証明書と一緒に、保護することになったアムールヒョウの写真を受け取った。「Leo-38F」は、中国との国境にある国立公園「ヒョウの森」に住んでいる。
    イワノフ長官は、アンダーソンさんに次のように語ったー

    「もちろんロシアは、(世界での)動物の保護活動に積極的に参加して行きます。全てが我々の肩にだけかかっているわけではないが、主導的な役割を担って欲しいというあなたの呼びかけは、我々に届きました。

    私たちは、とにかく最近、自然保護以外でも主導的役割を担うように努めていますが、この分野でも、リーダであるよう努力していきます。なぜならロシアは、最も多様な自然をもつ最大の国だからです」。

    タグ
    動物, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント