17:43 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 10°C
    石油安の雇用減によりカナダで自殺が流行

    石油安の雇用減によりカナダで自殺が流行

    © 写真: Victor
    社会
    短縮 URL
    4158238

    カナダのアルバータ州の石油採掘産業労働者4万人が石油価格の下落で解雇された。専門家らは同地方で自殺が増えていることは失業者に関するデータとリンクしていると見ている。

    石油安はカナダのアルバータ州を強打している。同州は国内でとれる石油のほぼ半分を賄っている。

    2013年、まさにこの地方で、大量の新規雇用が創出された。

    しかし、石油価格がこの2年でほぼ6割減となると、石油採掘産業労働者4万人が解雇された。石油関連労働市場の情報ポータルであるPetroleum Labour Market Informationによれば、来春までにさらに18万5000人が失業する。専門家らは、失業者に関するデータはアルバータ州で自殺が増えていることとリンクしている、と見ている。自殺件数は3割増となっている。

    失業した石油労働者ジェシー・シベル氏は、このような状況ではストレスに耐えられない、と語っている。RTの取材に同氏は次のように述べた。

    「この産業で働く多くの労働者が私より遥かに長く働くのだ。しかし今や彼らは期限までに口座に払い込むことが出来ない。労働時間が削減され、または解雇されてしまうためだ。借金のかたに、新車も持ち去られ、住む家を奪われる。

    私はもう8ヶ月も働いていない。同じ境遇に見舞われた人たちがストレスに対処するのが非常に困難であることは想像できる。自殺件数の増加も驚きではない。すべては石油の市場価格と結びついているのだ。石油産業はあまりに激しく凋落しており、多くの人が将来的にも仕事に復帰できる望みをもてないでいる」

    タグ
    石油, カナダ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント