20:06 2017年09月26日
東京+ 25°C
モスクワ+ 12°C
    ハンフォード核施設

    米国、核施設を観光客らに公開

    © Flickr/ Philo Nordlund
    社会
    短縮 URL
    0 17521

    稼動を停止したハンフォード核施設は観光施設に変身する。APが伝えた。米国エネルギー省のコリン・フレンチ大臣によれば、現在敷地内は完全に安全だという。

    「全て浄化され、完全に安全だ。放射性物質は全て遠くにある」という。

    当局は、年間1万人の来場を期待している。

    同核施設の一番の見所は、幻影都市ハンフォードおよびホワイト・ブラッフスそのものである。両都市からは、原爆開発の政府産学提携プログラム「マンハッタン計画」のために敷地を確保するべく、住民が政府によって避難された。

    第二の目玉はB原子炉。プルトニウム製造に使われた世界初の実働原子炉だ。ここで開発された燃料が、のち最初の核実験「トリニティ」に、ひいては長崎に投下された原発に用いられた。

    タグ
    観光, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント