12:58 2018年10月24日
ブルネイのスルタン クリスマスを禁止

ブルネイのスルタン クリスマスを禁止

© AFP 2018 / STR
社会
短縮 URL
4183

ブルネイのボルキア国王は、国民に対し「クリスマスを祝おうとする者は、5年の禁固刑を受けることになる」と警告した。新聞「ザ・テレグラフ」が報じた。

保守的なイスラム国家であるブルネイ当局は又「クリスマスカードを送ったり、サンタクロースの衣装を着たりするイスラム教徒も、禁固刑を受ける可能性がある」と伝えている。なおイスラム教以外の宗教を信じる国民は、クリスマスを祝う事ができるが、それは「自分達の集団内部のみ」に限られる。

ブルネイ宗教省の出した声明の中では「クリスマスを公然と祝う事は、イスラムの信仰に多くの害を及ぼす可能性がある」と述べられている。今月初め、ブルネイのイスラム宗教指導者らも、同様の声明を出し「クリスマスツリーを飾ったり、クリスマスソングを歌ったりするような行動は、イスラムの教えに反する。それゆえ、イスラムを信ずる者は、その教えに対し真面目に接しなければならない」と強調した。

新聞「ザ・テレグラフ」の報道によれば、現在、ブルネイ国民のおよそ65%がイスラム教徒だが、彼らの多くは当局の禁止決定に不満を持っており、抗議の印として、ソーシャルネットワーク上に、ハッシュタグ#MyTreedomがついたクリスマスの写真を載せ始めている。

タグ
イスラム教
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント