02:04 2020年10月31日
社会
短縮 URL
0 91
でフォローする

米国のサンディエゴ市にあるカリフォルニア大学は、なぜ女性が男性より鬱病にかかりやすいのかを突き止めた。

若い男女のグループに対し、それぞれ通常より睡眠時間を切り詰めてもらい、論理問題を解かせた。

睡眠障害から女性は衰弱し、脳がストレスに対処する能力を喪失した。これが不適切な状態、また抑鬱の原因となった。

学者らの意見では、女性の脳には間断なく思考活動が流れている。だからこそ睡眠を仲立ちに頭を休める必要があるのだ。

タグ
医療
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント