12:13 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    フランス、第三帝国と協力関係にあったヴィシー政府時代のアーカイブを公開

    フランス、第三帝国と協力関係にあったヴィシー政府時代のアーカイブを公開

    © Sputnik/ Valeriy Melnikov
    社会
    短縮 URL
    551130

    フランスは20万点あまりの文書を公開する。BBCが報じた。市民や研究機関は1940-1944年の文書を自由に閲覧できる。AFPの報道をもとにYahoo Newsが伝えた。

    中には軍事犯罪に関する情報もある。たとえば、ヴィシー政府がユダヤ人をナチス・ドイツに引き渡した方法に関する情報。子供を含む7万6000人のユダヤ人が引き渡された。

    レジスタンス、コミュニスト、ユダヤ人を追跡した秘密警察の活動についての情報もある。

    アーカイブを覗き込んだ一部の人は涙を流しながら去って行った、とRFI。

    「自分の祖父はレジスタンスだったんだ、との確信をもってやって来て、それが事実でなかったことを発見したのだ」とのこと。

    フランス史の他の暗部、たとえばアルジェリア独立戦争などに関する文書は、なお公開されていない。

    タグ
    歴史, 第二次世界大戦, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント