08:46 2019年11月18日
IAEA ジカ熱対策のため放射線照射による蚊の不妊化を提案

IAEA ジカ熱対策のため放射線照射による蚊の不妊化を提案

© AP Photo / James Gathany
社会
短縮 URL
9112
でフォローする

国際原子力機関(IAEA)は、現在ラテンアメリカ諸国でジカ熱が流行していることを受け、ジカウイルスを媒介する蚊の繁殖を抑えるための新たな方法を提案した。ロイター通信が報じた。

IAEAは、2016年に五輪が開かれるブラジルに対し、放射線照射をつかって雄の蚊を不妊化する技術導入に関する協議を提案しているという。

この方法は約10年前にショウジョウバエなどの昆虫の個体数を減少させるために用いられている。

IAEAは、実験室で不妊化した雄の蚊を野性に放し、雌の蚊と交尾させ、雌の蚊にふ化しない卵を産ませることで、個体数を減少させることを提案している。

同技術はイタリアで用いられ、イタリアでは蚊の個体数が約5分の1となった。また中国で行われた実験では、蚊がほぼ100パーセントいなくなったという。

同技術には、ブラジルの他にメキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、インドネシアも関心を示した。

タグ
IAEA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント