14:56 2017年12月14日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    ネオマッチョ反フェミニズム運動体 レイプ合法化に向けて戦う!?

    ネオマッチョ反フェミニズム運動体 レイプ合法化に向けて戦う!?

    © Fotolia/ Photographee.eu
    社会
    短縮 URL
    0 35

    女性解放運動(フェミニズム)に対し過激な立場をとる男性達の運動体「リターン・オフ・キングズ(Return Of Kings)」は「ネオマッチョ主義」なるものを提唱している。これまで長くネット上では、その存在を知られていたが、最近になってバーチャル世界を飛び出し、世界の様々な都市で一連の会合などを計画している。

    この運動体が発足したのは、2012年の事で、マッチョな男性をこの世界に取り戻す事を目指している。彼らは、現在の世界では、男らしくある事が罰せられ、女性が男性を監督下に置くのを許す社会の望むままに、マッチョ男性は嘲笑されていると考え、不満を抱いている。

    また運動体「Return Of Kings」の支持者達は、女性は参政権を持つべきではないと主張し、性転換者や余分な体重を持つ人達に激しく反発し、世界中の自分達の信奉者に対し、太った女性は相手にしないよう求めている。

    さらにこの運動体は、もしレイプが、公共の場ではなく、男性あるいは女性の自宅で起きた場合、それをレイプとはみなさず、刑事罰から除く、つまり訴追できないようにするよう主張している。彼らの主張によれば、女性達は、男性を操作するために、こうした行為の刑事的罰則を利用している、とのことだ。

    ネオマッチョ運動体「Return Of Kings」が会合を開くとの計画を明らかにした後、様々な国々の多くの政治家や社会団体が、彼らが開く集会を禁止しるよう訴えている。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント