23:53 2018年07月20日
6年もの間、通勤していなかったスペイン人公務員に罰金

6年もの間、通勤していなかったスペイン人公務員に罰金

© 写真 : Pixabay
社会
短縮 URL
0 30

スペインの公務員に、少なくとも6年は通勤していなかったことを理由に3万ドルの罰金が課された。BBCが12日報じた。

ガルシヤ氏が職場にいないことが発覚したのは勤続20年の報奨金が支払われる段になってのこと。

スペイン南東部カディス市の水道会社に配属されたガルシヤ氏には、年間3万ドル以上の給与が支払われていた。

ガルシヤ氏自身は判決を容認しておらず、毎日出勤していたものの、何もやることがなかったと主張している。そんなわけでガルシア氏は主にスピノザ哲学の読書に没頭していた。

ところが裁判所はガルシア被告に納税後、年間の給与額に相当する3万ドルの支払を命じた。

関連:

日本人は国から無条件でお金を支給されたとしても仕事を辞めない
スイス 全国民に毎月2250ユーロ支給か
スイス:毎月2250ユーロのベーシックインカムは、実行可能なアイデアか?
タグ
スペイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント