22:52 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    ロシア正教の指導者、モスクワ及び全ルーシ総主教とローマ法王の、史上初の会見が始まった。

    ロシア正教の総主教とローマ法王が 歴史上初の会見

    © Sputnik/ Sergey Pyatakov
    社会
    短縮 URL
    11469222

    ロシア正教の指導者、モスクワ及び全ルーシ総主教とローマ法王の、史上初の会見が始まった。

    ロシア正教のキリル総主教とローマ法王フランシスコとの会談は、非公開で始まった。約2時間続くものと思われる。

    キリル総主教は「法王フランシスコとの会談は、必要な時に必要な場所で行われている」と述べ「これが、神の意志により生じたことを改めて強調したい」と付け加えた。

    ローマ法王フランシスコは、ロシア正教のキリル総主教とキューバの首都ハバナでの会談し「我々は、兄弟だ」と述べた。

     

    関連:

    なぜキリル総主教とフランシスコ法王は会談するのか
    史上初、ローマ法王とロシア正教総主教の会談は2月12日にキューバで
    タグ
    宗教, キューバ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      現在、戦乱を世界に広げようとしているシオニスト、ワッハーブ派/サラフ主義者、
      巨大資本は巨大な力を持ち、メディアを使った情報操作で人びとを操ろうとしている。
      そうした中、カトリック教徒は声を上げ続けてきたが、宗派に関係なく少なからぬ人が
      嘘に気づき始めている。 (櫻井ジャーナル)

      ◎ 宗教対立を装い、戦争に駆り立てていた勢力がいる。 フランシス法王は
      バチカンの膿を洗うミッションをしていたように見える。 そのせいか、親族3人が
      事故でなくなっている。

      また、「キリスト教原理主義」を批判するという、かつてない発言をしている。

      また、人類への配布金を推進するような発言もなされており、
      この会談は、楽しみです。
    新しいコメントを読む (0)