07:33 2017年08月23日
東京+ 25°C
モスクワ+ 23°C
    ロシア開発のエボラ出血熱ワクチン、来週にもジュネーブで発表

    ロシア開発のエボラ出血熱ワクチン、来週にもジュネーブで発表

    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    社会
    短縮 URL
    625980

    2月15日、ジュネーブでロシアが開発したエボラ出血熱ワクチンのプレゼンテーションが行なわれる。ロシア保健省のサラガイ公式報道官が明らかにした。

    「2月15、16日両日、ロシア保健相はジュネーブでロシアの開発したエボラ出血熱ワクチンを発表する。このほか、保健相16日には世界保健機関の事務局長との会談を予定している。」

    サラガイ報道官はワクチンのプレゼンテーションは国連代表部で行なわれることを明らかにしている。

    関連:

    小頭症を引き起こすジカ熱、南北米大陸で感染拡大
    タイでコロナウイルスの新たな感染者が確認される
    シエラレオネ当局、エボラウィルスの新たな感染例を確認
    タグ
    エボラ出血熱, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント