21:55 2018年08月17日
フランシスコ法王とキリル総主教、正教会とカトリック教会の統一に言及

フランシスコ法王とキリル総主教、正教会とカトリック教会の統一に言及

© Sputnik / Sergei Pyatakov
社会
短縮 URL
2102

ロシア正教会を代表するモスクワ及び全ルーシ総主教キリルとローマ・カトリック教会を代表するローマ法王フランシスコは会談を終え、ハバナで宣言文に調印した。

宣言では、中東・北アフリカのキリスト教徒差別を止めるべく、「即刻」対策をとるよう、国際社会に呼びかけがなされた。

シリアとイラクでは数千の人命が奪われ、数百万人が家や財産を奪われている、との指摘の上、テロ対策、暴力の停止で国際社会が結束するよう、呼びかけがなされた。

キリスト教徒徒が信教の自由を制限され、信仰を告白し、それに従って生きる上で、しばしば困難に直面するようになっているという。

両者はまた、教会の統一が失われたことを憂えた。今回の会談は全世界のキリスト教徒に対し、ひとつの教会で祈りを捧げる希望を与えるだろう、と語られた。

タグ
キューバ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント