02:54 2018年09月23日
ブラックホール

天体物理学者ら、地球のブラックホール落下について語る

© Flickr / NASA
社会
短縮 URL
1322

地球がブラックホールに落下し始めた場合どうなるか、英国のハル大学の天体物理学者ケビン・ピンブレット氏が説き明かした。デイリーメールが報じた。

地球が小さなブラックホールの事象の地平線付近にきた場合、重力天体の方に向かって引き伸ばされ始める。ブラックホール近くの重力場の強い不均一性により、地球のブラックホールに近い側が、遠い側よりも強く引っ張られるためだ。
しかし、地球が超巨大ブラックホールの事象の地平線に近づいた場合は、地球の住民は、小さな潮汐力(ブラックホールの質量の二乗に反比例する)のため、それに気が付かない可能性がある。
ブラックホールがクエーサーの中心部に位置している場合は、重力天体のすぐ近くに陥る前に、その質量放射で地球全体が燃焼してしまう。

関連:

ロシア人学者 宇宙ごみ対策に核兵器を使用することに反対
露米日の学者、量子コンピューター創設に近づく
100年後、水中都市や食べ物の「ダウンロード」が一般化する
アインシュタインが予言した重力波が観測される
タグ
宇宙, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント