01:30 2018年09月19日
セクシャルハラスメント

働く日本人女性の3割がセクハラ被害に遭っている

© Fotolia / Photographee.eu
社会
短縮 URL
918

日本では、働く女性の約3割が、言葉や行動によるセクハラの被害に遭っている。AP通信が伝えた。

愛
© Sputnik / Mikhail Mordasov
3月1日に発表された国による調査の結果明らかになった。調査は、9600人以上の働く女性を対象に実施された。その結果、29パーセントの女性がセクハラの被害に遭ったことがあると回答した。また40パーセントの女性が、体を触られたと答え、38パーセントの女性が、性的なことを質問されたと回答した。また50パーセント以上の女性が、容姿や年齢を話題にされたと答えた。

また調査では、大勢の女性が妊娠中に差別を受けていることが明らかとなった。妊娠した場合、女性は退職するよう頼まれるか、不当な扱いを受けて退職を余儀なくされるという。

関連:

フィンランド、セクハラに対する「高速」罰金を導入
イスラエル内相、度重なるセクハラ疑惑で退任へ
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント