01:08 2018年12月15日
30年後には何も食べるものがなくなる

30年後には何も食べるものがなくなる

© Flickr/ USDAgov
社会
短縮 URL
314

もし地球上の人口増加のテンポがこのままの状態で進行するならば、2050年までに人類は厳しい飢餓を経験するだろう。調査会社メタボリックは世界自然保護基金にこのような報告を行った。

メタボリックの報告を要点を短くまとめると、環境に配慮しない食料生産様式、森林伐採による農地開拓や資源の蕩尽、あるいはその他の要素によって気候や環境は悪化し、最終的には食糧がどこにもないというほどの環境崩壊を引き起こす、ということになる。

メタボリックの調べでは、そもそも環境バランスの維持のために手付かずの状態でおいておかねばならない土地のうち、その50%がすでに農地として開拓されてしまっている。

関連:

人類学者 中世の英国の子供たちの食べ物を明らかにする
研究者:トリュフは放射線耐性を持つ
孤児院の子どもたち、日本のラーメン初体験
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント