19:49 2018年06月22日
インターネットに人類史上の全核爆発マップ登場

インターネットに人類史上の全核爆発マップ登場

© Fotolia / Twindesigner
社会
短縮 URL
6204

英国のエスリ(Esri)社は、人類史におけるすべての核爆発に関する情報が記されたインタラクティブ・マップをネット上に公開した。

マップ上には、広島・長崎に原爆が初めて投下された1945年から現在に至るまでにあった核爆発2624件が記されている。

地図と作業を開始するためには、まずバーチャル・プレーヤーを起動させる必要がある。そうすると核爆発のアイコンが、続いて地図上に表示される。

それらをクリックすると、ユーザーは、爆発の日付と場所、その威力(キロトンあるいはメガトン)などの情報を得ることができる。なおアイコンは、3つの色に分けられており、軍事用の爆発だったものは赤、学術実験用は青、その他のものは黄色となっている。

こうしたプロジェクトは、何も今回が初めてではない。2010年10月にも、YouTube上で、日本のアーチスト橋本功(ハシモトイサオ)氏が作った14分間の映像がアップされた。その中で橋本氏は、20世紀に行われた2053回の核爆発をまとめて見せた。氏は「世論の関心を、グローバルな核兵器の問題に向けようとして、そうした映像をネット上に公開した」と述べている。

タグ
インターネット, 核問題
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント