01:00 2020年10月31日
社会
短縮 URL
0 310
でフォローする

ロシア連邦・極東の沿海地方税関は、日本から持ち込まれようとした放射能レンズ(アトムレンズ)を発見した。ウラジオストク税関が伝えた。

税関は次のように発表している―

「日本の富山港から『オーシャン・クイーン』号でウラジオストクに本社があるロシアの会社宛に、14個の放射能レンズが到着した。レンズの入っていた箱の表面のガンマ線の等価線量は、1時間当たり約.13ミリシーベルトで、この量は、自然界の線量の10倍であった。」

税関の資料によれば、こうした高い放射線量が検出されたのは、レンズの中にある放射性物質、酸化トリウムと関係があるとのことだ。この物質は、以前、レンズの写りをよくするために光学ガラスに混ぜられていたが、現在では禁止されている。

現在レンズは、ロシア領内から日本へと戻された。

タグ
日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント