18:33 2019年12月11日
Французский модельер Коко Шанель

ココ・シャネル ドイツ諜報機関のために働いていた

© AFP 2019 /
社会
短縮 URL
0 73
でフォローする

20世紀を代表するフランス人女性の1人であるファッションデザイナーのココ・シャネルは、第二次世界大戦中にドイツ諜報機関のスパイと見なされていた。16日に当時の諜報機関の公文書が公開され、明らかになった。AP通信が報じた。

シャネルに関する書類は、特にマドリードの匿名筋がフランスのレジスタンスに宛てた書簡。書簡では、「疑わしい」と考えられていたシャネルは1942年から1943年の間、ドイツ大使館員として働き扇動や諜報活動の疑いが持たれていたハンス・ギュンター・フォン・ディンクレイジ男爵の愛人でありスパイだったと述べられている

フランス諜報機関の古文書の保管を担当しているフレデリック・クギナー氏は、記者団に、ドイツの諜報機関(「アプヴェーア」)は、ココ・シャネルを自分たちのスパイとして登録していた。シャネルは情報源あるいはドイツ人の為に何らかの活動を行うことができたかもしれない。一方で、シャネル氏が自分のステータスについて知っていたかどうかは不明のままだ」と説明した。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント