04:42 2020年09月24日
社会
短縮 URL
210
でフォローする

Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグ氏が北京で朝のジョギングをする写真がSNS上で両極端な反応を呼んでいる。この写真は18日、ザッカバーグ氏のポストフェイスブックで公開された。

ザッカーバーグ氏は写真のキャプションとして、中国に帰ってうれしい、その訪問第1日目を天安門広場から紫禁城までのジョギングで開始しようと思ったと書き込んだ。

このポストへのコメントの中で多かったのは、中国領内ではFacebookは禁止されているはずなのに、ザッカーバーグ氏はどうやって写真をアップできたのかという質問だった。

またザッカーバーグ氏がジョギングしている天安門広場は1989年、まさに天安門広場事件が起きた場所であることに注意を向けたコメントも載せられた。当時、広場で起きた学生蜂起が無残に鎮圧されたことから、ザッカーバーグ氏がスポーツに励んでいる場所は「デモ参加の学生らの血に染まったところではないか」という非難も書き込まれた。

It's great to be back in Beijing! I kicked off my visit with a run through Tiananmen Square, past the Forbidden City and…

Опубликовано Mark Zuckerberg 17 марта 2016 г.

関連:

ロシアでグーグル起訴される
グーグルの新サービス、写真撮影場所を人間より正確に特定
米連邦準備銀行を襲ったハッカー、無教養がたたって7億7000万ドルの引き出しに失敗
タグ
インターネット, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント