20:49 2018年10月20日
難民

オーストリア市民、移民は強制収容所に入れろと要求

© REUTERS / Marko Djurica
社会
短縮 URL
138

複数の人権擁護団体からは、欧州で移民、難民に対する人種差別的な発言が移民危機が始まって以来、最多に達したとの指摘が挙げられている。

オーストリアの差別と戦う社会団体ZARAの調べでは、SNSやインターネットメディアにおける人種差別的発言や外国人排他主義な現象の数は2014年と比較して6割以上も増えた。例えばインターネットでは、一箇所に集中した難民収容キャンプのシステムを要請するキャンペーンが展開された。また移民らが地元民を不快な目に合わせたという偽の情報も投稿された。

オーストリア検察は先日、ロベルト・ルガール議員の事件の捜査を開始した。ルガール議員は発言の中で難民を「ネアンデルタール人」や「狂信者」と呼んで侮蔑したことから、少数民族に対する憎しみを煽った罪が問われている。

関連:

EU 難民の流入数を大幅に削減できず 毎週約2000人が到着‐消息筋
米メディア トルコとEUの取引 同盟国の間で論議を呼ぶ
ギリシャ領内の難民 すでに5万人を超す
タグ
移民, オーストリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント