13:07 2018年10月20日
ボストン、パリ、ブリュッセル…、米国人青年、人生3度のテロ被害

ボストン、パリ、ブリュッセル…、米国人青年、人生3度のテロ被害

© AFP 2018 / Lionel Bonaventure
社会
短縮 URL
ブリュッセルで爆発 (41)
17317

米国人のメイソン・ウェルスさん(19)さんはこれまでの人生で3度、凄惨なテロの現場に居合わせた。23日、米ABCテレビが伝えたところによると、ウェルスさんは2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件と2015年11月のパリ同時多発テロの生還者だという。だが、22日に起きたブリュッセル国際空港のテロでは、ウェルスさんはとうとう負傷した。

「これで3度目のテロです。今回の爆発テロでは私たちにも直接の被害がありました。それでも息子が生還できたことにただ感謝しています」と父親のチェド・ウェルスさんが報道陣に語った。

両親によると、モルモン教の宣教団体に所属するさんウェルスさんは爆発が起こった時にブリュッセル国際空港に居合わせた。ウェルスさんは破片による負傷と火傷を負って病院に搬送されたが、医者によると命に別状はないという。

 

トピック
ブリュッセルで爆発 (41)

関連:

ブリュッセル連続テロ 「ダーイシュ(IS)」が犯行声明
ブリュセルの地下鉄で爆発 避難する乗客の動画が投稿される
ベルギー、テロ危険度を最高レベルまで引き上げ
タグ
テロ, ベルギー, フランス, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント