10:08 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C
    メルケル首相

    メルケル首相、ベルギー自爆テロ犯との友情を疑われる

    © REUTERS/ Francois Lenoir
    社会
    短縮 URL
    62823211

    ソーシャルネットワークのユーザーらが、ブリュッセル空港の自爆テロ犯に似た難民がドイツのメルケル首相と写真に写っている、と指摘している。

    昨年9月、メルケル首相はベルリンの難民キャンプを訪問した。外国から来た難民らは首相と記念写真をとった。その中に自爆テロ犯ナジム・ラシュラウイと思しい若者がいる。
    ラシュラウイはブリュッセル連続テロのコーディネーターと見られている。

    関連:

    トルコ大統領、1週間前にブリュッセルのテロを予言
    テロリストらはベルギーの原子力発電所でのテロを計画していた
    欧州マスコミ、ベルギーのテロでEUは分裂の危機
    タグ
    アンゲラ・メルケル, ベルギー
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント