15:08 2018年09月19日
ウィクリークス

ウィクリークス「パナマ文書」流出の黒幕はソロス氏

© Flickr / Steve Rhodes
社会
短縮 URL
14643

内部告発サイト「ウィキリークス」によれば、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」からオフシェア・カンパニーなどに関する情報が流出した裏には、ジョージ・ソロス氏と米国国際開発庁(USAID)がいるとの事だ。6日そうした書き込みがTwitterに現れた。

ソロス氏と米国際開発庁が資金提供した今回の攻撃の標的について、「ウィキリークス」は、ロシアのプーチン大統領だと見ている。

また「ウィキリークス」は「プーチン大統領に対するこうした直接攻撃は、米政府の評判を深刻に損なうものだ」と強調した。

4月5日、ロシアのドミトリイ・ペスコフ大統領報道官は、ロシア及びその他の国々の政府高官が関与しているとされるタックス。ヘイブン問題について、それを調査し作り上げている人物のウソとプロフェッショナリズムの無さを非難した。

関連:

独金融専門家:「パナマ文書」は米情報機関によるもの
アイスランド首相「パナマ文書」スキャンダルで辞任表明
「パナマ文書」問題 検察が調査開始
タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, ウィキリークス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント