18:18 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 6°C
    英学者グループ 性生活開始年齢を決める遺伝子を発見

    英学者グループ 性生活開始年齢を決める遺伝子を発見

    © Flickr/ justine-reyes
    社会
    短縮 URL
    163513

    英国ケンブリッジ大学の遺伝学者グループは、性生活開始年齢を決定づける遺伝子を発見した。学者達の説明によれば、この遺伝子のDNAは、性の成熟スピードに影響を与え、一方で、性生活開始年齢の決定に影響を与えている。

    性的な初体験の年齢がいつになるかは、他人との交流が難しかったり家庭的な問題なども含め、多くの社会的、行動的要因の影響を受けるものだ。今回学者グループは、性生活開始もまた、遺伝子要因に左右されることを明らかにしたが、それらは、女性が最初に出産する年齢のような他の特性も決定づけている可能性がある、という。

    また英国の学者グループの研究の結果、性行為開始と最初の妊娠に対し、思春期の年齢が、かなり大きな影響を与えていることが明らかになった。

    タグ
    英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント