19:27 2018年11月19日
パリ

仏人男性:余りに退屈な仕事をさせたと元雇用主に36万ユーロの賠償請求

© Moyan Brenn
社会
短縮 URL
350

パリに住む男性が、自分の元雇い主を、我慢できないほどに退屈な仕事をさせたとして裁判所に訴え、36万ユーロの賠償金を請求した。新聞「ザ・テレグラフ(The Telegraph)」が報じた。

この男性は、フレデリック・レナード氏で、香水会社「Interparfum」で働いていた。

彼は、自分の真の管理権限を奪い退屈な仕事を課したとして、元雇用主を訴えている。レナード氏によれば「自分は必要とされていないのだという感情に苦しみ、その結果、健康障害が出始めた」とのことだ。

タグ
フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント