21:06 2018年09月22日
米国 25万人の死因は医療ミス

米国 25万人の死因は医療ミス

© Flickr/ Alex Proimos
社会
短縮 URL
119

米国では、2015年の死者の3分の1(25万人以上)が、医療ミスで死亡した可能性がある。米ジョンズ・ホプキンス大学の学者たちが発表した。インディペンデント紙が伝えた。

学者たちは、時宜を得ていない診断や不十分な診断、誤診、間違った治療や過剰な治療は、医療ミスだと考えている。

統計によると、死因の第1位は、心臓血管疾患(61万1000人)、2位は、がん(58万5000人)、3位は、慢性呼吸器疾患(14万9000人)だった。

タグ
医療, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント