21:07 2018年09月22日
タカタ製エアバッグ

米運輸省 タカタ製エアバッグ4000万個を追加リコール

© AFP 2018 / Toru YAMANAKA
社会
短縮 URL
135

米運輸省は、タカタ製エアバッグの欠陥問題で、2019年までに3500万から4000万個の部品を追加リコールする方針。

通信社ブルームバーグによると、米国ではすでにホンダ、トヨタ、フィアット・クライスラー・オートモービルズを含む自動車メーカー12社に関係するタカタ製エアバッグの部品2880万個がリコールされている。

アナリストらは、最近12か月で資本の75パーセントを失ったタカタ社は、このような打撃から立ち直ることができないかもしれないとの見方を示している。

5日、タカタ製エアバッグが原因となった死者は13人となった。ホンダによると、マレーシアで4月16日と5月1日に2件事故があり、死者が出た。現在、調査が行われているという。

タグ
自動車, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント