10:31 2017年03月29日
東京+ 9°C
モスクワ-1°C
    トムとジェリー、「ダーイシュ(IS)」の共犯者として裁かれる

    トムとジェリー、「ダーイシュ(IS)」の共犯者として裁かれる

    © East News/ Album Online
    社会
    短縮 URL
    290154

    エジプト国家情報庁のサラフ・サダク長官は、米国のアニメ「トムとジェリー」を見た児童は無関心で暴力的になるとの声明を表した。サダク長官の見解では「トムとジェリー」が原因で「ダーイシュ(IS,イスラム国)」がはびこるようになったというのだ。メトロ紙が報じた。

    エジプトのユーム新聞には「トムとジェリー」がいかにテロ拡大を促しているかを克明に描写している。記事によれば、「トムとジェリー」は子どもの正義感をだいなしにし、やれナイフだ、ピストルだ、電動のこぎりだとそういったものを安易に用いて暴力を振るうという狡猾な考え方を促しているという。

    エジプシャンストリート新聞は、こうした非難がなされたからといって、現地政権が「トムとジェリー」の放映禁止措置を講ずることにはつながらないと書いている。

    タグ
    アニメ, 映画
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      へぇ!存在するんだねぇ!ちゃんと目と脳みそを持っている人間が西側にwww
      驚いた!!まじ驚いたわ!!
      見出しだけ見たときは、まさかなー、またなんか違った捉え方なんだろうなぁ、、とか期待していなかったんだけどね。
      アメ公の漫画やアニメは全てそう。暴力に限らず、人間いとって悪い意識を発芽させ助長させる効果がすごいある。日本のエロアニメは見てもろ「悪い」とわかるが、アメ公のアニメや漫画は「正義」だと嘘をついて視聴者を騙しているからたちが悪い。数人でよってたかってたった一人の悪を袋叩きにする「戦隊もの」が日本式イジメの根幹となったのと同じ効果以上のものがある。
      ただ、「日本人よりマシ」なところ(といっても、人類的には許容範囲を大きく超えるからw)もあるんだよね。「イジメ被害者たち」の対応。アメリカでは学校で銃の乱射が多い。イジメ被害者が耐えに耐え、忍耐の限度を超え、ぶち切れる。で「復讐」する。それが「他のイジメ加害者たちや周囲の”黙認者たち”」を戒めることになる。
      これが、我が日本では「親でさえもイジメ側に付く」ので、被害者は心身ともに孤立化させられ、自殺する。これがアメ公なら、親ともども復讐しちゃう。その「影響」を考えれば、復讐の方が自殺なんかよりも余程他への影響がある。イジメる者たちとそれを黙認する教師や親や生徒たちが「自分も復讐の大勝になる得る」と思えば、そうそういじめを許すこともなくなろう。そういう「損得勘定」だけは世界で最も長けているのが今のわが日本人たちだからな。
      ま、それはそれとしてw
      エジプト国家情報庁のサラフ・サダク長官と、世間話でもなんでもとりとめなくしてみたいなぁ!!

      (アメリカ人、ドブネズミ大好きなんだけど、なぜ? アメリカ人が盗みや細菌拡散、脅し、集団で襲う、などネズミ同様だから?)
    新しいコメントを読む (0)