19:30 2018年01月22日
東京0°C
モスクワ-8°C
    難民

    欧州テロ犯ら、難民ルートで犯行現場入りを計画

    © AFP 2018/ Aris Messinis
    社会
    短縮 URL
    124

    国際テロ組織「ダーイシュ(IS)」に関係する下部組織の武装戦闘員らが欧州に入る難民のルートを使って英国入りし、テロを画策していたことが明らかになった。テレグラフ紙が報じた。

    この計画は、イタリアでのパキスタン人、アフガン人2人の逮捕がきっかけとなって明るみになった。3人は欧州でのテロを準備していた犯罪組織のメンバーだった。

    3人はロンドン市内の犯行計画現場を撮影しており、トーバー海峡に面する仏カレーを通って共犯者らを英国入りさせる計画だった。

    こうした全員が難民の地位を獲得しており、これにより欧州内の自由な移動が保障されていた。

    イタリア捜査局はこの組織が英国、イタリア、フランスまたはベルギーでのテロを画策していたものとにらんでいる。

    タグ
    移民, フランス, アフガニスタン, イタリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント