02:10 2020年10月31日
社会
短縮 URL
1014
でフォローする

ニジプにあるキャンプで10〜14歳の少年30人が4ヶ月間にわたり性的暴行を受けていた。スプートニク特派員が犠牲者から証言を得た。

27歳のトルコ人清掃員E.E.から暴行を受けた30人のうち、両親に事情を話したのは8人のみだった。
ある少年は次のように述べた。

「E.E.は僕をトイレに呼び、僕とちょっと楽しみたいと言い、10リラ(3ドル)くれると約束した。そのあと、ちょっと物を取りに行くと言って出て言った隙にぼくは逃げた」
犯人は性的暴行および多数の未成年者を強姦した罪で懲役230年を科せられる可能性がある。

ニジプ市の難民キャンプ、性的暴行を受けた子供たちの証言
© Sputnik
ニジプ市の難民キャンプ、性的暴行を受けた子供たちの証言
タグ
移民, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント