12:00 2018年07月16日
パソコン

1週間あたりの平均労働時間が最も短い都市と長い都市

© Fotolia / Adrian Hancu
社会
短縮 URL
120

スイスの銀行UBSは、世界の主要都市の1週間あたりの平均労働時間を計算した。テレグラフ紙が報じた。

労働時間が一番短かったのはフランスのパリで、同都市の1週間あたりの平均労働時間は30時間だった。一番長かったのは香港で、平均労働時間は50時間だった。

学者たちは、高度に発達したロボットが労働力の代行機能を果たすようになるため、2045年までに世界の人口の半分が職を失うとの見方を示している。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント