07:23 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    世界では4500万人以上が奴隷状態にある

    世界では4500万人以上が奴隷状態にある

    © AP Photo/ Mukhtar Khan
    社会
    短縮 URL
    1520014

    世界では現在4500万人以上が奴隷状態にある。その大部分がアジア太平洋地域で奴隷状態に置かれている。オーストラリアの団体「ウオーク・フリー・ファウンデーション(Walk Free Foundation)」の報告書で述べられている。

    報告書によると、全世界の奴隷状態にある人の数は2014年から28パーセント増えた。

    最も多いのはインドで1835万人。続いて中国(339万人)、パキスタン(213万人)、バングラデシュ(153万人)、ウズベキスタン(123万人)となっている。

    「ウオーク・フリー・ファウンデーション」は、脅迫、暴力、強制、虐待、詐欺行為などによって何らかの行為を余儀なくさせられ、搾取されている状態にあることを現代の奴隷状態と定めている。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント