08:08 2020年10月26日
社会
短縮 URL
328
でフォローする

未来学者によると、2100年までには地球の裕福な住人の間で人狩りが人気の趣味になる。フューチャーズ誌にこのような予言が書かれた論文が掲載された。

100年間で人狩りは人気のスポーツになり、2200年までには映画「ハンガー・ゲーム」のように、テレビで放映されるだろうとイギリスセントラル・ランカシャー大学のダニエル・ライト教授と同僚は、述べている。

このように出来事が発達する前提条件は、「ダークツーリズム」の人気の伸びだと学者は考えている。ダークツーリズムとは、強制収容所や拷問や同様の娯楽に関する博物館などを訪れるような観光だ。現代の映画そしてマスメディアの作用下での殺人や残酷なものといったテーマへの社会の関心の結果、人々は死を鮮やかな見世物のように受け取り始める。