20:13 2018年10月16日
スマートフォン

Android機を危険なトロイの木馬型ウイルスが攻撃

© Fotolia / Tanusha
社会
短縮 URL
0 05

中国製のウイルスが8500万以上の危機を攻撃し、プレイストアを介して拡散していると、昨日ドイツのマスメディアが報じた。ロシアの対ウイルス専門家がスプートニクにコメントした。

このようなウイルスは、IOPファミリーのトロイの木馬型ウイルスだ。IOPファミリーのトロイの木馬型ウイルスが広まり始めたのは2015年の6月で、現在最も拡散しているウイルスだ。ウイルスの正確な名称は、 Trojan.AndroidOS.Iop.c 144214だ。

Trojan.AndroidOS.Iop.cが何より攻撃しているのは存在期間から見て、ロシアであり、次点がインドとウクライナだ。

ウイルスのせいでシステムに常に新しい広告アプリが次々にインストールされることで、すぐに、機器はたんに使い物にならなくなる。

また、被害者はこのトロイの木馬型ウイルスとウイルスが引き起こした結果を自力では削除できない。

先に伝えられたところによると、ロシア企業「タイタン情報サービス」は、iOSやmacOS Sierra向け秘書機能アプリケーションソフトウェアであるSiri(シリ)のライバルとなるソフト、その名はSVA (Speereo Voice Assistant)を開発した。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント