06:32 2018年09月20日
アルゼンチン人、太平洋海底にピラミッド発見

アルゼンチン人、太平洋海底にピラミッド発見(動画)

© 写真: NOAA Office of Ocean Exploration
社会
短縮 URL
180

アルゼンチン人研究者マルセロ・イラズスタ氏はメキシコ海岸近くに未確認物体を発見した。アルゼンチンの通信社Télamによると、それが完璧なピラミッド型であるため、論争を呼んでいる。

発見はアプリケーションGoogle Earthによるところが大きい。

地球外生命の著名研究者でもある陰謀論者スコット・ワーリング氏は、「完璧なピラミッド形状であり、基部は高さ14キロ以上である」と言う。ただし、この評価は正確ではないという。Europapressによれば、「高さは18キロに達するかもしれない」

一部には、これこそ哲学者プラトンの記した伝説の島アトランティスだ、との声も。デイリーエクスプレスが報じた。また、マヤまたはアステカ文明の遺跡であるという人も。イラズスタ氏をはじめ、一部の人は、UFOまたは海底異星人基地説をとる。氏は「海底UFOを発見した」と言っている。

 「たとえこれが海底着陸した異星人のUFOでなかったとしても、これは重大な発見である」と ワーリング氏。

先に伝えられたところによると、メキシコの古代都市テオティワカンの郊外で、発掘作業に当たっていた考古学者グループが、今からおよそ1600年前に生きていたと思われる女性の白骨化した遺体を発見した

タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, アルゼンチン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント