13:06 2018年01月23日
東京+ 8°C
モスクワ-9°C
    豪州で「Pokemon Go」に夢中で巨大な蜘蛛の巣にかかっちゃった

    豪州で「ポケモンGO」に夢中で巨大な蜘蛛の巣にかかっちゃった

    © Sputnik/ Igor Podgornyi
    社会
    短縮 URL
    0 32

    豪州の町イエナ―の公園で彼氏と一緒に「Pokemon Go」に興じていたレスリー・シュミットさんが超現実的な現象にでくわした。なんと公園全体が蜘蛛の巣で覆われていたのだ。バズフィードが報じた。

    ​「私たちはミャウタを追っていたんだけど捕まえられなくなっちゃった。公園全体をものすごい数の蜘蛛の巣が覆っていて、すっかりそっちに気を取られたもんだから。」レスリーさんはこう語っている。

    ポケモンを捕まることはできなかったが、それでもレスリーさんはそう気落ちしていない。ミャウタを捕まえるのも時間の問題だと確信しているからだ。

    ところで豪州ではこんなふうに蜘蛛の巣があたりをすっかり覆う現象はそう珍しいことではない。豪雨や洪水の時期には蜘蛛たちは水が襲ってこない場所に避難するため、こんな光景が見られる。

    なお先に伝えられたところによると、米ワイオミング州の女性が拡張現実ゲームポケモンGOに参加中、川で遺体を発見した

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント