01:55 2019年12月06日
62歳の作曲家の家で性奴隷見つかる

62歳の作曲家の家で性奴隷見つかる

© Flickr / Ira Gelb
社会
短縮 URL
11424
でフォローする

ドイツ警察は、62歳の作曲家でありドイツ国立のミュンヘン音楽・演劇大学の教授の家で性奴隷を見つけた。英紙デイリー・メールが報じた。

同紙によると、警察は強姦事件の一環で捜査令状を持ってハンス・ユルゲン・B容疑者宅を訪れた。容疑者宅で拳銃、コカイン、そして地下室にいた女性徒(21)が発見された。さらに、被害者女性のために作られた時間割も発見された。そこには、大学の授業出席、教授や他の男性とのセックスの時間割が書かれていた。

同紙は、容疑者は初の容疑がかかった2015年の時点で解雇されていたという。そのときには、容疑者の愛人(32)が、2006年から07年関係を持っていた間、容疑者に数度セックスを強要されたと被害届を出していた。証言中に、彼女は教授宅の拳銃のことを述べ、それが捜査の理由となった。

先に伝えられたところによると、長野県出身の熟年男性が、プラスチック製の所謂「セックス・ドール」と住み始めた。この男性には、実の妻と二人の子供がある。

タグ
ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント