10:09 2019年07月16日
オーストラリア人男性 宝くじに当たり熱帯の島の持ち主に

オーストラリア人男性 宝くじに当たり熱帯の島の持ち主に(写真)

© Photo: Ilya Varlamov / zyalt.livejournal.com
社会
短縮 URL
0 61

オーストラシアの男性が宝くじに当たり、その賞品である熱帯の島、ミクロネシアのクサイエ島の持ち主となった。BBCが伝えた。

島をくじに出したのは、ダグとサリーのバイツ夫婦で、1990年代からクサイエ島に住んでいたが、孫のために故郷のオーストラリアに戻ることに決めた。

宝くじ券は、日本円に換算すると約6千円で、5万人以上が、この宝くじを買ったという。

くじに当たった男性はジョシュアと呼ばれているが、フルネームは明らかにされていない。

バイツ夫妻によれば、自分達の島を「ありきたりの方法」で売るのは「現実的過ぎて面白くなかった」ので「宝くじ」というやり方にした、とのことだ。

先に伝えられたところによると、米国の宝くじ「Powerball」で、総額4億2千9百万ドルの大当たりが出た

タグ
オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント