00:13 2018年07月20日
コーヒー

朝食にコーヒーとセックス:ロンドンとジュネーヴのカフェに特別サービス登場

© 写真: Navin
社会
短縮 URL
148

スイスの企業家が、ウェイターがコーヒーと共にオーラルセックスを提供するカフェを開く計画を発表した。

このカフェは年末にジュネーブで開くはずだ。このアイデアはスイスの企業「ブラッドリーシャルベ」のものだ。しかし未だ第1号店を開かないうちに、チェーン拡大が宣言されている。同様のカフェはロンドンでも開かれる。現在会社の法律家が、同企業が英国の法を違反しないよう取り組んでいる。

注文の基本は次のようなものだ。客はiPadでウェイターを選び、コーヒーを注文する。ウェイターはコーヒーを持ってきて、その後客にオーラルセックスのサービスを提供する。ちなみに、すべての行為は共通ホールで行われる。隅っこやカーテンは1つもない。

注文は最低50ポンドからで、全ての手続きは15分ほど。もし延長が必要なら、毎15分に10ポンド必要だ。

先に伝えられたところによると、欧州のセックスツーリズムの首都をマスメディアが名指した。

関連:

若きブラジル人、セックス五輪優勝を夢見る
インターネットが性欲を減退させている
タグ
スイス, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント