18:03 2017年06月29日
東京+ 28°C
モスクワ+ 20°C
    金

    ポーランド ナチスの金塊を積んだ列車の発掘開始

    © AP Photo/ Thomas Kienzle
    社会
    短縮 URL
    0 137071

    ポーランドの研究者達は、ナチス第三帝国の金塊を積んだ列車が埋まっていると思われる場所での発掘作業に着手した。ポーランドの新聞「Gazeta Wyborcza」が伝えた。列車内には、300トンもの金塊が残されている可能性がある。

    研究者達は、ヴァウブジフとシフィェボジツェ間の鉄道上に存在し、今は使われていないトンネルの中に列車は残っていると見ている。トンネルの入り口は、ヴァウブジフ駅近くの堤防の下に隠されているとのことだ。

    語り伝えられてきたところでは、金塊を載せたナチスの列車は、1944年にトンネルの中で、崩落のため進めなくなり、そのまま放置されている。

    研究者らによれば、ナチスの宝は、地下7メートルの場所に眠っている。

    先に伝えられたところによると、ロシアのアルタイ山脈で「スニーカー」を履いた1500年前のミイラが発見された。

    関連:

    ヒトラーが治療を受けた廃病院。おそらく世界で最も恐ろしい場所 (写真)
    新説:ヒトラーは死んだ。しかし、1945年にではなく、ベルリンでもない
    タグ
    ポーランド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント