00:05 2017年03月30日
東京+ 10°C
モスクワ+ 1°C
    大型ハドロン衝突型加速器

    大型ハドロン衝突型加速器職員が「悪魔の儀式」を行う(動画)

    © AFP 2016/ RICHARD JUILLIART
    社会
    短縮 URL
    55303123

    スイスのジュネーブにあるCERNの研究センター従業員らによる生贄の儀式が写された謎の動画がネットに出回っている。黒いローブに身を包んだ8人の物理学者が白服の女性を殺害。あるいは、少なくともそのふりをした。CERN管理部は動画が現地で撮られたものであることを確認した。ミラーが報じた。

    奇妙なビデオはある研究棟の窓から撮影されたもの。「悪魔のミサ」のある参加者がナイフを持った手を地面に寝ている女性の上に掲げた直後、撮影者は大声で罵り始め、恐怖に駆られて部屋中を駆け回り出した。

    インターネットユーザーらが動画について議論するなか、英国のジャーナリストらは、CERNの代表にコメントを求め、撮影は間違いなくCERNの敷地で行われたものとの確認を得た。

    「もちろん、これは本当の悪魔のミサではない。従業員にも休息は必要であり、時に冗談が行き過ぎることもある」とのこと。

    先に、すでに数人のアナリストが、強い地震は大型ハドロン衝突型加速器(LHC)作動の結果だと自信を持っていると報じられた。

    関連:

    大型ハドロン衝突型加速器の上に現れた「異次元への出入り口」が欧州を驚かせる(写真)
    大型ハドロン衝突型加速器の故障、原因はテン
    タグ
    スイス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      闇サイドは 自分たちのことを ことあるごとに 誇示している ただ 
      普通の人々が そのことに気がつかない
      ISがしていることも はっきりと 自分たち 闇側の性癖をみせつけている
      スイスでの 世界一長いトンネルでも この記事に類似したパフォーマンスを
      していた つまり はっきりと 属するサイドを しめしていた
      だから ユダヤ企業は同じ ディズニーにしても あれにしても これにしても。
    • avatar
      Mieko
      このような行為は冗談とは言えない。裏の人々は何かでサインを出すとのことなので、これは儀式だと思う。これはユダヤ、ユダメリカの世界ですね。世界の至る所に彼らのサインがあると思う。
    • unimaro unimaro
      被害者は本当にやられることを知らなかった、形だけだと言われていたのだろう。
      だから加害者は一瞬で刺した。
      撮影者が、叫びたいところをどうにか声を抑えていたのが、嘘臭く無い。

      自分を賢いと思っている能力の限度が低い者たちは、自分の理解不能が多く蓄積されると、このようなカルトに逃げ込む。日本のオーム真理教に走ったエリートの卵たちと似たようなもんだ。

      バカって自分で枠を作ってしまうからバカから逃れられない。
      本当に聡明なら、つるむことを知らない。
      聡明なものたちは言わなくとも互いに理解しあう。

      その間、聡明と馬鹿の間、それを繋ぐ者が重要なんだよなー、でもめったにいないww
    • avatar
      junobejp
      CERNにシヴァ神像、とゆーだけで、CERNが時空を破壊するサタニスト・カルトだって判るし。 シヴァ神(破壊神)…破壊と畏怖至高神。世界を破壊して次の世界創造に備える役目をしている。皮膚は青く、額の中心には第三の目があり、3匹のコブラがシヴァを守る。 別名「マハーカーラ」。「大いなる暗黒」または「時間を超越する者」「時間を作り出す者」という意味を持つ。
    • avatar
      bokebokeboya
      これは冗談では済まされないことだと思う。
      悪魔を信じる非科学性、人命を軽視する姿勢のいずれをとっても、科学を志す者としてあるまじきことである。
      こんな科学のイロハもわかっていない連中に、実験をさせてはいけないと思う。
    新しいコメントを読む (0)