07:32 2019年11月13日
ウクライナ航空大学長のもとで金塊9つ見つかる

ウクライナ航空大学長のもとで金塊9つ見つかる

© AP Photo / Thomas Kienzle
社会
短縮 URL
1012
でフォローする

ウクライナ国家航空大学の学長代行だったウラジーミル・ハルチェンコ氏の自宅が、家宅捜査を受けた。27日土曜日、ウクライナ反汚職ビューローのサイトが伝えた。

捜査班は、彼の自宅で、総額およそ500万グリヴナ(約20万ドル)の現金を発見、押収した。その他特に、2グラムから20グラムの金塊9つも見つかった。

ハルチェンコ氏は、伝えられるところでは、17万ユーロの賄賂を受け取ったかどで、8月26日に拘束された。なお同日ウクライナ教育科学省は、彼を学長代行の職から解いている。

先に伝えられたところによると、巨額の賄賂を受け取ったとして逮捕されたウクライナ、ニコラエフスク州のニコライ・ロマンチュク副知事の家宅捜索で床下に隠しトンネルが発見。隠しトンネルに置かれた秘密の金庫からは金、聖像画、古美術品が出てきた

関連:

ウクライナは日本に乳製品輸出を開始する
ウクライナ人、追放されたヤヌコビッチ元大統領を同国史上最良の大統領と認める
タグ
汚職, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント