21:24 2018年10月19日
インドネジア

インドネシアで世界最高齢の145歳の男性が見つかる(動画)

© Fotolia / Lkunl
社会
短縮 URL
151

インドネシアで1870年に生まれたとされる男性が見つかった。デイリー・メール紙が報じた。

男性の名前はムバ・ゴトさん。ゴトさんはインドネシアのジャワ島で暮らしている。ゴトさんは、1870年12月31日生まれだと主張している。

注目に値するのは、地元当局がゴトさんを信じて、紛失したパスポートの代わりに、この驚くべき生年月日を記したパスポートを新たに発行したことだ。

ゴトさんは10人の兄弟姉妹、そして4人の妻よりも長生きし、最後の妻は1988年に亡くなったほか、子供も全員死亡したという。ゴトさんは、孫、ひ孫、玄孫に囲まれて暮らしている。

なおゴトさんの健康状態はあまり良くない。ゴトさんは自分で食べることができず、目も見えにくいという。

ゴトさんは長寿の秘訣について、一言「忍耐」だと説明した。

なおゴトさんのパスポートは本人の発言を基に記載されたため、世界最高齢は122歳のフランス人女性ジャンヌ・カルメンさんで変わりはない。

先に伝えられたところによるとインドネシア政府は、火山の警戒レベルを引き上げた

関連:

世界最高齢の大学卒業者として96歳の平田さんがギネス入り
世界最高齢の猫が死亡
世界最高齢女性がNYで死去
世界最高齢男性 112歳の小出さん亡くなる
タグ
インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント