13:43 2019年12月10日
シャルリ・エブド誌

イタリアの市長 地震の風刺画でシャルリー・エブドを訴える

© AFP 2019 / MARTIN BUREAU
社会
短縮 URL
1110
でフォローする

イタリア中部アマトリーチェの市長は、リエティの裁判所に8月24日の大地震の風刺画を掲載した仏週刊紙シャルリー・エブドに対する訴訟を起こした。

エクアドル
© AFP 2019 / Martin Bernetti
通信社ANSAによると、市長が雇った弁護士のマリオ・チケッティ氏がこの訴えを申請した。

地震では294人が死亡し、アマトリーチェは最大の被害を受けた

シャルリー・エブドに掲載された風刺画の題名は「イタリア風地震」で、「トマトソースのペンネ」と書かれた包帯を巻いた血まみれの男性と、「焼きパスタ」と書かれた負傷した男性、その隣には押しつぶされた人々が「挟まっているラザニア」が描かれている。風刺画には、宗教的な意味合いが秘められた短い説明がついている。

フェイスブックでは、イタリアの全政党の代表者と一般ユーザーたちが憤りを表した。

関連:

プーチン大統領、イタリアの大地震に哀悼の意
イタリア中心部で新たな地震
タグ
地震, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント