08:34 2018年09月23日
バングラデシュ首都でイスラムの犠牲祭:町が「と殺」の血に沈む

バングラデシュ首都でイスラムの犠牲祭:町が「屠殺」の血に沈む (写真、動画)

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
社会
短縮 URL
4110

9月13日、イスラム教徒はイード・アル=アドハー(犠牲祭)を祝った。祭りでは伝統的に動物が生贄にささげられる。バングラデシュの首都ダッカでもまた祝祭があった。しかし強い雨のため、と殺された羊、やぎ、牛の血が雨水と混じりあった。町はまるですべて血で覆われているように見えた。

ダッカ当局は、犠牲祭前にと殺用の特別な場所を決めていたが、多くの住民がその場所を利用せず、自宅ガレージや、単に道端で家畜を切った。そして強い雨のため動物の血は雨水と混じりあい、町では血の洪水が始まったと語った。

膝まで血で赤く染まった水に漬かったまま移動しなければならない場所もあった。14日朝までには多くの場所で水位が下がったが、道は 未だ赤みを帯びた色合いをしている。と殺された動物の内臓が散乱している場所もある。

なお先に伝えられたところによると、ニースで、海岸でイスラム女性信者用の水着「ブルキニ」を着用していた女性に地元の警官らが水着を脱ぐよう強要した

関連:

仏教会襲撃 イスラム教徒コミュニティは襲撃犯の埋葬を拒否
ローマ法王はもう奇跡を信じない?
タグ
イスラム教, 宗教, バングラデシュ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント