16:57 2018年09月20日
ストーン監督の映画「スノーデン」は欧米市民に見て欲しい、露大統領報道官

ストーン監督の映画「スノーデン」は欧米市民に見て欲しい、露大統領報道官

© Sputnik / Host photo agency/Vitaliy Belousov
社会
短縮 URL
0 132

オリバー・ストーン監督の映画「スノーデン」について、ロシア大統領府のペスコフ報道官は欧米の市民に見て欲しいと思うと感想を語った。

ペスコフ報道官は13日夜に行なわれた試写会に出席。スノーデン氏は2013年、米国、英国の特務機関の行なう大規模な追跡プログラムについて一連の機密資料を暴露した。

ペスコフ報道官は「ストーン氏のスタイルで丁寧に作られた、非常に質の高い映画だ。見事なシナリオ。そして重要なのは映画がほぼドキュメント作品だということだ。実際にあったことを全てを知る素晴らしいチャンスだ。

この映画は是非とも見なければいけない。特に欧米の人たちには見て欲しいと思う。まぁ、もちろんみんなに見て欲しい作品だが」と語った。

前に伝えられたところによりますと、マーティン・スコセッシ監督は高松宮殿下記念世界文化賞に選ばれた

関連:

アーネスト米報道官、スノーデン氏恩赦の可能性にコメント
スノーデン氏、映画出演
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント