14:17 2017年06月27日
東京+ 25°C
モスクワ+ 14°C
    FBIもスノーデンも進言、ノートブックのウェブカメラはシールで隠せ

    FBIもスノーデンも進言、ノートブックのウェブカメラはシールで隠せ

    © AFP 2017/ Frederick Florin
    社会
    短縮 URL
    232648639

    米連邦捜査局(FBI)はコンピューターのユーザーらに自身とその近しい者たちをハッカースパイから守る目的でウェブカメラのレンズを覆うよう呼びかけた。15日、インディペンデント紙が報じた。

    FBIのコミ長官が自らハッカーの追跡の脅威を語り、カメラをシールなどで封印することは今ユーザーができる「最も合理的なこと」と話している。長官は国の施設は全て特別のシールでウェブカメラを覆い隠しており、一般市民も同じようにカメラを隠すよう呼びかけている。

    元国家安全保障局職員のエドワルド・スノーデン氏もオリバー・ストーン監督の映画「スノーデン」の封切を翌日に控えて行なったインタラクティブ記者会見の中で、ユーザーらにサイバー安全保障の助言を行い、パスワードの使用のほかにもPCのウェブカメラをシールなどで覆うよう勧めている。

    先に明らかになったのは、フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ氏は、自身のノートパソコンのカメラとマイクをテープで塞いでいる

    関連:

    米国でスノーデン氏恩赦の署名活動開始
    フェイスブック、「ナパーム弾の少女」写真を復元
    タグ
    インターネット, エドワード・スノーデン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント