23:41 2018年09月18日
シラク元仏大統領の別れた妻、元夫の入院先に自分も

シラク元仏大統領の別れた妻、元夫の入院先に自分も

© AFP 2018 / Patrick Kovarik
社会
短縮 URL
0 02

元仏大統領のジャック・シラク氏(83)の元妻が別れた夫の入院するパリ市内の病院に運び込まれた。ラジオ「ヨーロッパ1」が報じた。

シラク氏の元妻、ベルナデット・シラクさん(83)は「休息をとり、多少健康を改善するため」に入院した。現在、ベルナデットさんは今年4月に長女ロランスさんが急逝した後、健康を害していたが、これに加えシラク氏の入院に余計に気落ちしたとマスコミは報じている。

ロランスさんの夫のサラ=バルさんによればシラク氏は肺感染症に罹患している。シラク氏は2005年、脳卒中で倒れたいる。また2015年は体調不全で数回の入院を繰り返していた。

前に伝えられたところによると、フランスの約1万5000人の住民が過激なイスラム主義の影響下にあると、フランス首相が述べた。

関連:

シラク仏元大統領の娘が死去
フランス首相:国内には1万5000人のイスラム主義者がいる
タグ
フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント