02:28 2019年12月06日
フィリピン人男性 当局による麻薬撲滅作戦から逃れるため死んだふり

フィリピン人男性 当局による麻薬撲滅作戦から逃れるため死んだふり

© AP Photo / Aaron Favila)
社会
短縮 URL
0 14
でフォローする

フィリピン警察による麻薬撲滅作戦の際、一人のフィリピン人男性が、自分の命を守るため、死んだふりをしていたことが明らかになった。TVアルジャジーラが伝えた。

報道によれば、事件が起きたのは先週で、地元警察が、麻薬及び武器所持の疑いでフランシスコ・サンチャゴ容疑者(28)を尋問のため拘束、12時間にわたる尋問の末、警察は彼を銃殺刑にした

その際サンチャゴ容疑者は、胸と両手と腹に銃弾を受けたが死ななかった。。しかし彼は、それが分からないよう、およそ1時間、血だまりの中でうつ伏せになったまま、死んだふりをしていたという。

その後、病院に搬送された彼は、TVの記者に対し「これだけの傷を受けて生き残れたのは、奇跡ではなく俺のサバイバル術のおかげだ」と語った。

先に伝えられたところによると、インドネシア政府はフィリピンの例に倣い、厳格な麻薬取引一掃に取り組む構えを示した。

関連:

フィリピン大統領、EUに罵詈雑言を浴びせる
フィリピン大統領、国連総長をバカ呼ばわり
タグ
フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント