18:20 2020年04月02日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

バングラディシュの首都ダッカにあるハズラト・シャフジャラル国際空港でゴミ箱から金3キロが見つかった。発見したのは空港の税関職員。ダッカ・トリビューン紙が報じた。

金が見つかったのはトイレに設置されたゴミ箱で金の延べ棒10枚、合計3キロ。市場価格で19万ドルと試算されている。金はバングラディシュ中央銀行に渡される。

ダッカ・トリビューン紙によれば、税関は密告者の通報を得て金の延べ棒捜索を開始。捜索開始後1時間でこれを見つけている。現在、警察による密輸容疑者の捜査が行われている。空港ではこの時間帯にクアラルンプールとドーハ、カタールからの便がほぼ同時に着陸しており、容疑者がどの便を利用したかはまだ明らかにされていない。

前に伝えられたところによりまっすと、モスクワの空港で金のネックレス約3キロを持った日本人が拘束された

関連:

バングラディシュでも少なくとも20人の負傷者、 カルカッタでは揺れが続く
バングラディシュ政権、ISによる日本人殺害で外国人の警備を強化
タグ
バングラデシュ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント